お知らせ

2018/11/19

サクシードに待望のハイブリッド追加。安全装備も強化されました!

TOYOTAは、サクシードにハイブリッド車を追加するとともに一部改良し、全国のトヨタ店を通じて、12月3日に発売します。

ハイブリッド車は、働くクルマにふさわしい燃費の良さと高い走行性能を実現しています。燃費は、新たに導入されたWLTCモード22.6km/L*1*2を実現。JC08モード走行燃費は27.8km/L*2を実現し、「平成27年度燃費基準+25%*3」を達成するとともに「平成30年排出ガス基準75%低減レベル*4」の認定取得とあわせ、エコカー減税の対象としています。

走行性能は、モーター駆動によるスムーズな発進と加速、あわせて高い静粛性も実現しています。さらに、オートエアコンやシートヒーター(運転席にオプション)、運転席横のスペースにセンターコンソール小物入れを標準装備するなど、快適で便利な仕様としています。

また全車には、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense*5」に、昼間の歩行者も検知対象に加えた「プリクラッシュセーフティ」を標準装備。さらに、盗難防止用のイモビライザーを新たに標準装備するなど、優れた安全・防犯機能を確保しています。

そのほか、USBポートの標準装備や、マルチホルダーのサイズを拡大することでスマートフォンやメモ帳などが楽に置けるようにするなど、働く人が使いやすい運転席まわりを追求しました。



サクシード 車両情報はこちら
 
https://toyota.jp/succeed/
*1
WLTC
 
Worldwide-harmonized Light vehicles Test Cycle(世界統一試験サイクル)の略称。
WLTCモードは、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定し、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。今回の各走行モードは、市街地モード21.8km/L、郊外モード23.7km/L、高速道路モード22.3km/Lになります
*2国土交通省審査値
*3省エネ法に基づき定められている燃費基準
*4国土交通省の低排出ガス車認定制度
*5

レーザーレーダーと単眼カメラの異なる2つのセンサーにより、高い認識性能と信頼性を両立。プリクラッシュセーフティ(昼間の歩行者検知機能付)、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームの3つの先進安全機能を組み合わせ、衝突回避や衝突時の被害軽減をサポートします



一覧へ