お知らせ

2019/05/09

TOYOTA、プリウスPHVを一部改良

TOYOTAはプリウスPHVを一部改良し、5月9日に発売しました。

今回の一部改良では、乗車定員を従来型の4名から5名とし、ゆとりの車内空間を実現しました。

また、クルマに蓄えた電気を住宅に供給する仕組みV2H(ブイツーエイチ)も備えました。災害などの停電時でも、プリウスPHVを頼れる“蓄電池”として活用いただけます。

具体的には、急速充電インレットに、外部給電機能(V2H)をオプション設定し、V2H機器(別売)と接続することで、プリウスPHVの駆動用バッテリーに蓄えた電力を、家庭用電力として利用することができます。あわせて、住宅の太陽光発電などで生じた余剰電力を、車両の駆動用バッテリーに蓄電することも可能としており、電力需要の平準化に効果が期待されます。さらに、充電時間も普段の200V用充電ケーブルを使った場合と比べ、約1時間30分と大幅に短縮できます。

そのほかにも、安全・安心装備を拡充しました。駐車場から後退する際に、左右後方から接近してくる車両を検知し注意喚起するリヤクロストラフィックアラートや、車両を上から見たような映像をナビゲーション画面に表示するパノラミックビューモニターを新たに設定しました。インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]の設定も拡大しています。

さらに、専用通信機DCMを全車に標準搭載し、遠隔で走行アドバイスや車両診断を受けられる「eケアサービス」や「LINEマイカーアカウント」のような様々なコネクティッドサービスを、ご利用いただけます。

なお、ウェルキャブ(メーカー完成特装車)においても、ベース車と同様の改良を施しています。

TOYOTAは、プリウスPHVを、人とクルマと自然が共生する社会を目指す「トヨタ環境チャレンジ2050」の基幹車種と位置付けており、今後もより多くのお客様に喜んでいただけるよう、日々お客様の声に耳を傾け、「もっといいクルマ」として、さらなる商品強化に取り組んでいきます。

一覧へ